相続税申告・節税対策に詳しい税理士兼弁護士による税務相談|税理士法人リーガル東京 

税理士法人・弁護士法人 リーガル東京へようこそ 相続税申告・相続対策相談室 丸の内線 銀座駅徒歩3分  JR線 池袋駅徒歩5分

無料相談受付中 銀座相談室03-3569-0321 池袋相談室03-3980-3093 受付時間 平日10:00~19:00 土・日・祝日 10:00~18:00

  • HOME
  •  相談員紹介
  • 手続費用
  •  アクセス

遺産分割協議ができず申告期限後に相続税申告をした事例

依頼者

伊藤様(仮名―東京都在住)60代 女性

事案の内容

伊藤様(仮名)の母親は、伊藤様に遺産全部を相続させるという内容の自筆証書遺言を残して亡くなりました。
相続人は伊藤様と長男Dの2名ですが、伊藤様は、遺産を全て相続する内容の遺言が原因で兄妹間の係争になることを危惧し、弁護士法人リーガル東京に相談に行きました。
リーガル東京で調査したところ、相続税申告が必要な事案でしたので、遺言に基づき相続税申告をすることにしましたが、母親名義の通帳を調べたところ、母親が亡くなる少し前に長男側に2000万円位の振込送金があり、長男側が生前贈与を受けていた可能性がありました。生前贈与ならば、みなし相続財産として遺産に含めなければいけないし、貸金とか預け金の主旨だとしても遺産に含めなければならないのですが、長男Dから、そのことについて何らの回答もありませんでした。
その後、長男Dの弁護士から伊藤様のもとに、自筆証書遺言は偽造されたものだから無効であり、遺産の半分を渡すよう内容証明郵便が届きました。

解決の内容

 遺言はあるが、遺産をもらえなかった相続人から遺言無効の裁判を起こされたとき、相続税申告をどうすべきか問題になります。すなわち有効な遺言だとして遺言内容に従った相続税申告をするのか、それとも遺産が未分割だとして相続税申告をするべきなのかです。
この点は、リーガル東京の弁護士において、自筆証書の遺言書が法律上有効であることの調査確認をした上、リーガル東京の税理士が、その遺言書の内容に従って相続税申告をして相続税を納付しました。
長男D側が生前贈与を受けていた可能性がありましたが、これについては、詳細不明でしたので、相続税申告の遺産には加えませんでした。しかし税務署へ提出した書面(税理士法33条の2第1項の添付書面)には、長男への生前贈与の点などを記載し、後日修正申告する可能性を付記しました。
 伊藤様は、遺言に基づいて、各金融機関にある亡母名義の預貯金の解約払い戻し手続をしました。一部金融機関がこれに応じてくれましたが、一部金融機関は、
解約払い戻しに応じてくれませんでした。長男D側の弁護士が金融機関に遺言無効の訴訟をする主旨の内容証明郵便を送っていたからでした。
 その後ほどなくして長男Dが伊藤様に遺言無効確認訴訟を提起しましたが、伊藤様はあらかじめ法律問題もリーガル東京に依頼されていましたので、弁護士が遺言の有効性を法廷で証明していくための訴訟対応に入りました。

その他の解決事例はこちら

借地契約書の記載条項を根拠に遺産分割協議で希望のとおり相続できた後相続税申告をした事例

遺産の詳細が一部不明のまま相続税申告をした事例

遺産分割協議ができず申告期限後に相続税申告をした事例

遺産分割協議ができず申告期限後に相続税申告をした事例

遺産分割協議ができず申告期限後に相続税申告をした事例

遺産一部不明で期限後申告をした後、遺言無効で修正申告した例

遺産分割調停中に相続税申告をし、調停成立後に修正申告・更正請求 をした例

遺産のほとんどが金融資産で、相続人の1人と連絡困難だった例

期限後申告になり相続税を納付したが、後日税金還付された例

遺言がないが死因贈与契約を認めさせ、相続税申告をした例

マンション敷地を不整形地評価と貸付事業用宅地で減額し相続税の負担をゼロにした例

亡父の遺産を長男が全部相続する遺産分割協議により相続税申告

亡長男の妻に不動産を遺贈する遺言があり一部未分割で相続税申告をした例

後妻が無申告で税務調査を受けたが、長男は期限内申告で相続税申告できた例

遺産分割協議で係争になり各相続人が別々に相続税申告した例

依頼者様にご覧頂きたいページはこちら!

リーガル東京が選ばれる7つの理由

解決事例

専門家紹介

手続費用(弁護士用・税理士用)

事務所紹介

相続と手続の流れ

top_banner_01.jpg

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.